« 自伝を書いてみよう | トップページ | 映画を観る »

書を読む


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

9月だ。

ことしも3分の2が終わった。

日々成長。

二十歳の頃、よくわからずに連発していた言葉だが、あの頃よりも言葉の意味がわかる気がする。

毎日少しずつ成長している。
これは間違いない。

8月は13冊の本を読んだ。

朝から晩まで塾にいながら、これだけの冊数を読めたことは素直に嬉しい。


1・『甲子園最高勝率』 中村順司

2・『告白』 湊かなえ

3・『背番号1の打撃論』 若松勉

4・『夜回り先生』 水谷修

5・『教師を信じろ』 藤原和博

6・『これだけで「組織」は強くなる』 野村克也&渡邊美樹

7・『野球へのラブレター』 長嶋茂雄

8・『心晴日和』 喜多川泰

9・『夜回り先生と夜眠れない子供たち』 水谷修

10・『初めて哲学する本』 藤原和博

11・『夜明けの街で』 東野圭吾

12・『脳をやる気にさせるたった一つの習慣』 茂木健一郎


12冊だった。。

そして今読んでいる本が13冊目なだけだった。

読書は素晴らしい力を与えてくれる。

みんなで読書をしよう!

本を読み、自分一人では到底手に入れることのできない世界へと足を踏み入れよう。

今年の目標は読書100冊。

今、62冊。

1ヶ月に10冊ずつ読んでいけばクリアできる数字だ。

読む量が多ければいいってものではないが、生きているうちに、読書からたくさんの疑似体験をしたい。

|

« 自伝を書いてみよう | トップページ | 映画を観る »

コメント

清原先生、ではなくて、藤原先生は読んだオススメ本を校長室に置いて貸し出してるみたいですね。
黒澤さんもマジで余裕で出来ちゃいますよね。
1月から黒澤図書館コーナーやったらどうですか(笑)?

投稿: 将吉 | 2010年9月 2日 (木) 02時19分

黒澤図書館コーナーやりたいね。完全に塾じゃなくなるけどね。

てかもう塾じゃなくていいよね。教育機関で。

投稿: sing-o | 2010年9月 5日 (日) 23時54分


8月の13冊、じゃなくて12冊、タイトルだけでも胸が躍るような本ばかりですねぇ~。

図書館案は賛成です!

是非しまおさんコーナーも作ってあげてくださいね!

投稿: たっちゃん | 2010年9月 6日 (月) 04時56分

君が帰ってきたら読み放題だから、楽しみにしていてください!

投稿: sing-o | 2010年9月13日 (月) 00時16分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書を読む:

« 自伝を書いてみよう | トップページ | 映画を観る »