« 花を咲かせる | トップページ | 前を向いて生きるということ »

公開授業

Road825

過去から未来へ。

日々は刻々と流れて行く。

久しぶりに公開授業に行った。

いわゆる授業参観というやつだ。

生徒たちは、嫌なんじゃないかと思っていたのだが、

行ったら行ったで、楽しそうだ。

思えば自分も変わったなと思う。

塾の講師をし始めたのは、5年半前だが、

その頃は学校行事に行くのもイチイチ緊張していたように思う。

若かったというのもあるが、

やはり慣れないところに挑戦しようという気持ちは少なかったのだろう。

今でもアウェイであることには変わりはないのだが、

それでも、自分を奮い立たせることもなく、フラッともう学校に入ることが出来ている。

たとえ一人だったとしても。

学校での生徒たちは、

塾にいるときとはまた違う姿を見せてくれる。

友達と話している姿、

授業を受ける姿、

どれも塾では見ることができないのでまた新鮮だ。

塾とは勉強をしに来るところではあるが、

それだけではない、絆を作ることが出来れば嬉しいと思っている。

「今」だけでなく、

ここにいなくても、心の拠り所となるような場所にするためには、

相手のことを理解することが重要だと思う。

そんな気持ちで学校に行くのだが、

結局勇気づけられているのは自分であるような気もする。

ついていこうと思ってくれている人たちに感謝をしなければならない。

そして自分自身ももっと向上しなければならないと思った。

|

« 花を咲かせる | トップページ | 前を向いて生きるということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 公開授業:

« 花を咲かせる | トップページ | 前を向いて生きるということ »