« 公開授業 | トップページ | 楽しいと思うこと »

前を向いて生きるということ

Road826

過去から未来へ。

日々は刻々と流れて行く。

今いる場所に来るなんてことを想像もしていなかった。

未来のことを夢想しても、

この現実が訪れるなんてことは、

思いもしなかった。

人生は、

何が起こるかわからない。

この言葉は、ネガティブではなく、

ポジティブに使いたい。

来年の今頃、自分がどうなっているかわからない。

3年後、5年後、10年後、

もっとわからない。

自分の描く未来とは違う現実が、きっと待っているに違いない。

でも、

今があることを思えば、

どんな未来があっても、

それをワクワクしながら楽しみに待つことが出来るような気もする。

自分はなんて幸せなんだろうと思うことがある。

不満はある。

不安もある。

どうしようもないんじゃないかというような思いになることだってある。

それでも、今自分が出来る行動と、

出会った人たち、

経験した多くのこと、

支えてくれる友達、

そんなことを考えると、

これからの人生もきっとさらに広がりを持っていくんだろうと想像することが出来る。

どんなことがあっても、

ただただそれを乗り越えようとする意志を持ちたい。

未来が決まっているわけではないが、

未来に負けたくはない。

自分が歩んでいく道を、

強くたくましく、

前に進んで歩を進めて行きたいと思う。

自分を信じること。

自分を信じてくれる人たちを愛すること。

それを大切にしながら、

自分の道をしっかりと歩んでいく。

一歩一歩を踏みしめて、歩んでいく。

それが、

思いもしなかった3年後、5年後、10年後へと連れて行ってくれることなるのだろう。

大きくなれなくてもいい。

有名になんてなれなくていい。

けれど、

自分に対して正直にありたい。

周りに対しては誠実でありたい。

それが「生きる」ということなんだということを信じていたい。

この道の先には何があるんだろうかと考えると、

楽しみで仕方がない。

毎日の生活の中で、蒔いている種は、

やがて根を張り、

幹を伸ばし、枝をくねらせて花を咲かせるだろう。

そこまでにしっかりと養分をやり、水をやり、

愛情を注がなければならないだろう。

それは苦ではない。

むしろ喜びだ。

3年前、5年前、10年前、

何をしていただろう。

3年前は、

既に教室長をしていた。

まだなりたてで、一生懸命だった。

初めて中1から見ていた世代が中3になって、

とにかく力を入れていた学年だった。

今から見ればまだまだ甘い面もあったのだが、

それでも、その時は「それが正しい」と思っていたんだろう。

5年前は、9月の終わりから10月にかけて、フランスに一人で旅行に行った。

ディープインパクトを応援しに行くという名目で行ったのだが、今から考えれば、多くのことをその旅行でえることが出来たような気がする。既に塾でのバイトを初めて半年が経ち、並行して焼肉屋のバイトもやっていて、この時期ぐらいから何か自分にできることを探すようになったような気がする。

10年前は高校生だった。

高3の夏を過ぎ、附属高に通っていた自分は学部決定テストに向けて準備をしていたようなしなかったような。

不思議と中3の頃の記憶が無い。

何をしていたんだろうか。

とにかく10年後に今という現実があるなんてことは、全く想像することが出来なかった。

これから先も、めまぐるしく変わっていくんだろう。

早くも「教室長」という肩書の着いた名刺を持つようになってからは、4年がたった。

周りから見たら変化が無いかもしれないが、自分の中では大きく成長することが出来ている。

そして、やりたいことや、自分にとっての壁も次々に見つけることが出来ている。

まだまだ一日一日を大切にして、過ごしていくだけだ。

自分の枠を大きくするために。

器を広げていくために。

一日一日が挑戦だ。

その挑戦に勝ち続けることで、

ずっと先に未来に、見たこともない自分と出会うことが出来る。

挑戦を避け続けていては、そこに成長はない。

「できるかできないか」ではなく、

「やるかやらないか」

でも、

「やったからには必ず成功する」という気持ちで臨んでいきたい。

敗者のメンタリティを身につけるわけにはいかないし、

それに慣れるわけにはもっといかない。

自分が自分であるために。

そして少しでもおもしろいと思ってくれて自分のことを応援してくれる人たちのために、

自分は一瞬一瞬を大切にしたいと思う。

|

« 公開授業 | トップページ | 楽しいと思うこと »

コメント

立派やな。
立派さんやわ。
神様のカルテ見たよ。
バンビの役を見ながら、なぜ働くのかを考えてたよ。
答えが出たときにはエンドロールだったよ。
いい映画だった!

投稿: cassano | 2011年9月12日 (月) 12時02分

後ろ方向を自分の中で把握できて、そこで初めて前に進むことができますね。

題名を見てそう感じました。

明日の朝は、これでいきます。

投稿: 将吉 | 2011年9月12日 (月) 20時42分

>cassano

いい映画だよな!!
なかなか考えさせられる、大人になったからこそよく考えさせられるような映画だと思う。
cassanoにとっての答えが何だったのか、
すごく気になるところだが、それは折を見て教えてください。

コメントしてくれてありがとう。

いつも元気をもらっています。

投稿: sing-o | 2011年9月13日 (火) 12時21分

>将吉

題名を見て思うのはいいんだけど、
それって内容は読んでいないんじゃないかという疑念が生まれるよね。

たぶん人生に無駄だったことなんて無い。

そう思いたいだけかもしれないけれど、
それはそれで、そう思いたい自分を、
受け入れたい。

投稿: sing-o | 2011年9月13日 (火) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 前を向いて生きるということ:

« 公開授業 | トップページ | 楽しいと思うこと »