« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

最近のできごと

Road1102


過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。


このブログをだいぶお休みしている間にも、
どんどん時は流れていきました。

プレゼン大会があったり、
中学校の卒業式があったり、
Liveに出演したりもしました。


流れるように過ぎていく人生だけれど、
それはそれで充実しています。

自分から非日常をつくっていく。

それが、人生を明るく楽しく生きるための秘訣なのかな。

どんなことでも、多少の緊張感はある。

これまで人前で何かをやる経験が多かったとしても、
失敗しないわけではないし、
失敗をしなかったわけでもない。

けれど、
そんな時に準備をして、
自分を奮い立たせることができるからこそ、
きっと人は成長していけるんだと思う。

逃げたら終わる。


時には逃げること、
休息することも必要なんだけれど、
それでも、自分を成長させ、
「なりたい自分」に近づくためには、
やっぱり壁を乗り越えようとする意志が大切だと思うんだな。


日曜日に2年ぶりにLiveをしました。

新宿でやっLiveは、今までで一番良いものとなったね。

塾を卒業し、今では大学生となった教え子が来てくれたり、
両親も来たり、会社の同僚も来たり、お母さんと一緒に来てくれた生徒もいたり。

一緒に出演した人の同僚も来たり、家族が来たり、友人が来たり。

非常にアットホームなLiveになったけれど、
それが自分たちらしくていいと思うし、
パフォーマンスとしてもかなり納得のいくものができたね。


ああいうものは、とにかく「やろう」と腹を括らないとできない。

忙しいから、と言う理由でやらないでいたら、
人生なんてあっという間に終わってしまうと思うんだな。

大変でも、追い込まれていても、
やると決めたからやる。

そういう気持ちで自分を追い込んでいくと、
過程はつらくても、
終わったあとに、達成感と自信を得ることができるんだな。

今回のLiveも、正直準備時間があまりなかった。

自分がしっかりと時間をとっていなかったこともある。

それでも、あれだけの盛り上がりを見せることができたんだから、
次回以降はもっとイイモノになるかもしれないね。


来てくれた人に心からの感謝を。

そして、これから来てくれる人たちにも、
今からもう感謝をしておこう。

教育業界ではいよいよ一年が終わり、
もうすぐ新年度を迎えます。

塾は今日から春期講習。

また生徒の新たな笑顔を見ることができるように、
今日から頑張っていきたいと思うね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長を追い求める

Road1101

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

毎日の積み重ねが大事だ。

そして自分を奮い立たせるような刺激が必要だ。

心が重くなるようなプレッシャー。


「あ~もうすぐこれがあるよ」というような。


心にとっては重荷になったとしても、
それと向き合い、歩んでいくことで、
あとから振り返ると必ず人は成長することができる。

ほうっておけば、
いつの間にか安住の地にすがりつきたくなる。


大体分かっていることを、
大体の感覚でやり続けるのは楽だ。


しかし自分を成長させるには、
自分の幅を広げるには、
そこで満足せずに、自分を難しい道に放り込まなければならない。


心に余裕があるときは、どんどん新しいことに挑戦できる。

しかしいっぱいいっぱいになっていると、
心も閉鎖的になる。

新しいことに挑戦して、
自分に負荷をかけていこう。

必ず成長できると信じていこう。

子供たちと接していても、
成長を阻害する要因は、
「考え方」にしかないと思う。

考え方を少しだけ変えることができれば、
誰でも成長することができる。


大人でも同じだ。

もがいていたあの頃のように。


前を向いて進んでいこうと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

楽しみにすること!

Road1100

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

3月になり、少し暖かくなったね。

昨日は久々に寒かったけれど、
今日は気温も上がっているようで。

日曜日はいろいろあったが、全て楽しかった。

良い休日を過ごしたって感じがするよ。

これからまた日曜日は結構いろいろあるんだけれど、
しっかりと準備をして、出来ることちゃんとやっていきたいと思うね。


正直今は、誰か俺を管理してくれって感じなんだけれど、
やること全部書き出してでもひとつずつやっていくしかない。

先のことを考えると不安になることもあるけれど、
今に集中してその不安を打ち消していこう。

結果を出さなければならないけれど、
決してそこに執着しない。
自分で自分の生き方に納得できるようにやるだけだ。

いままでそうやってやってきたし、
これからもそうやっていく。

ただそれだけのこと。

周りの変化に打ちのめされても、
自分は自己の成長を信じて、
前向きにやっていくだけだ。

それでいい。
それがいい。

楽しみにしているよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

全てはつながっている

Road1099

過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。


今日は暖かい。

春の陽気だ。

もう少しで夏日になるんじゃないかというぐらい。


冬を超えて春が来れば、
また新しい日々が始まる。


桜の季節。


中野で見る桜並木も、今年で8回目か。


回数を重ねるごとに感慨深くなっていくね。

いろいろなことがある毎日だけれど、
すべてが未来につながっている。

これまで過去あったことのすべてが、
今日につながっているように。


万里一空。



世界のどこでも、
見上げれば空が見える。


この空は、地球上のすべての場所とつながっている。


それと同じように、
空間も時間も、つながりを持っているのだと思う。


今日選択した行動の一つ一つが、未来につながっているんだ。


そう思って一つ一つの行動をしていきたい。

どんな人生にしたいのか、
もう一度考えて、過ごしていきたいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めぐりゆく時の中で

Road1098

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

保護者面談の季節。

受験が終わり、あっと今に時間は流れていく。

感慨に浸っている時間はない。

どんどんと、次から次へとバトンは受け継がれ、
休む暇もないまま次世代がやってくる。

一つの楽しみが終われば、また新たなる楽しみが生まれて。

どこにでも楽しみが見いだせることが自分の長所かもしれん。

また楽しみが出来たことは本当にありがたいことだね。

今日は保護者面談を5件。

家の数だけ、思いがある。

そして保護者は全員、自分の子供のことを思っているということ。

自分の子供に幸せになってもらいたい。

そのために教育費を割いているのだ。

そのお金をもらって、
我々は生活することができている。
どうせならば「安いわね」と言ってもらえるぐらいの成果を出したい。

社会が豊かになるように貢献したい。

「先生のおかげで子供が変わった」と言ってもらえた面談があった。


本当に嬉しいことだが、
先生のおかげで変わったのではなく、
自分で気づくことができたということ。

そのきっかけを与えたのは確かに自分かもしれないが、
行動することは難しく、
それができたことを心から褒めてあげて欲しいと思う。

結局すごいのは行動した人で、
それを促したのなんて、「教科書」みたいなもんだ。

教科書はそれだけじゃ意味ない。

教科書を読んで、実際に使えるようになって初めて価値がうまれるわけで。


教科書をしっかりと読んで理解したからこそ点数が取れるわけだし、
教科書自体がすごいわけではないよね。


まぁ、お母さんたちに言われて、嬉しいことは間違いないんだけどさ。
これまでも多くの生徒を卒業させることができた。

今年も多くの生徒を卒業させることができた。

これからもたくさんの生徒を卒業させられると良いな。

笑顔を見守って行けるといいね。


なんだか書いているうちに楽しみになってきたわ。


またあすからも頑張ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

途中経過

Road1097

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

久しぶりにジムに行きました。

全然行ってなかったからね。


なんせ、入試前から行ってなかったんだから。

だから本当に久しぶりだったんだけれど、
節制はしていたから、
体重が減っている実感はあったよ。

-24.15キロ。

半年間で。

減りすぎだね。

まさかここまで来るとはね。

あと一週間ぐらいで、-25キロはいけるんじゃなかろうか。


きっとリバウンドもないだろうし。


行けるところまで行きたいなとは思っているんだけれど。

どこまでいけるんだろう。


全裸で体重計に乗ったら、71.5キロだった。


本の半年前まで95キロだったんですけど。

人って変わるんだね。

それがわかっただけでも、ものすごいチャレンジ。


60キロ台とかいっちゃうんだろうか。

あんまりストレスはないっす。


目標をパワーに変えてね、ここまでやってきてよかった。


「とりあえず痩せて」とか言ってくる人もね、
これでびっくりだと思うし(笑)


引き続き頑張ります。
今週は毎日ジムに行って、
筋トレのない日は有酸素だけやるつもり。

多分腹減るんだけど。

ちょっと食べる量増やそうかな。


食べる回数を増やせばいいのか。

今週も頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最高の結果になるように

Road1096

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

もう3月です。

昨日、一昨日とブログを更新していませんでしたが、

受験が終わった満足感というか達成感はあるね。

全員合格させてあげることはできなかったので、
そういう意味での満足感はないんだけれど、
これまでよく頑張ってきたな、というのはある。


昨日は2ヶ月ぶりの休みでした。


というか別に日曜は休みなのに、勝手に教室を開けてただけなんだけどね。

だから「すごい働いてます!」みたいなふりするのは嫌なんだけどね。


なんか何も考えずのんびりしたかったので、
実家に帰りました。


夜中に帰って風呂入って、読書して、
寝る。

起きたらご飯ができてる。


ご飯食べたら、また昼間から風呂入って、読書する。


というような、自適な生活。



をちょっと楽しみました。



そうしたら、あと2ヶ月ぐらいのんびりしたくなっちゃったね。


たぶん5日ぐらいで飽きると思うんだけど(笑)



今日からは日常が戻ってきます。

というか1日しか休んでないんだけどな。


実は今働いている教室が、今までで最低の人数になってしまった。


中3生がごっそり抜けて、
かなり寂しい感じになっているんだな。


だからまたどんどん人を集めないと。


今日から保護者面談も始まります。



また次の世代、次の世代とやることは死ぬほどある。

こちらが魂を込めて、

心を込めていかないといけないね。

「同じことの繰り返し」であっても、

生徒にとっては全てが「一生に一度」だ。

きちんと向き合って、
また最高の結果になるように、準備をしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢の途中

Road1095


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


自分の時はどうだったのだろうと思い返した。

たしか早稲田大学に見に行ったのだと思う。

受験したのは早稲田大学本庄高校という埼玉の高校なのだが、
家から二時間弱かかることもあり、東京の受験生が多いこともあって、
大学でも合格発表をやっていたのだ。


831という数字を「やさい」と覚えて、
その数字を祈って探していた。



無かった。



慶應も受けたのだが、
そっちは簡単な三平方の定理を間違えていたことが分かっていたので、
多分無理だろうと思っていた。


塾に帰り、
慶応の発表を見に行っていた先生と友達から自分の番号がなかったことを知らされる。


「自分の目で確かめてきなさい」と言われ、
そこから日吉へ。


無いものを見に行くというのは今考えれば辛いことなんだけれど、
あの時の気持ちというものは覚えていない。



でも、早稲田がダメでも慶應がダメでも、
そんなに悲観してはいなかったかな。


中1の時は勉強ができなかったし、
中2の時は「駒沢大学」とかのページを見て「頭いいな~」と思っていたのを覚えている。


それが、中3で勉強してかなり成績が伸びた。

伸ばそうと思っていたわけではなくて気づいたら伸びてた。


法政は絶対受かると思って滑り止めで受けたから、
受かっててもなんの感想もなかったし、
出願の時も試験の時も発表の時も、
この学校に来ることはない、と思っていたから、
その三回で縁が切れると思っていた。


親が「絶対都立」と言っていたから。


それが兄の大学受験(全部落ちる)という影響もあって、
急転直下、親が「せっかく受かったんだし法政行けば?」
と言い出すのだから人生は何が起こるかわからない。


そんなわけで、受験勉強というのはとても受身だった。

毎日塾に通い4時間ぐらい集団授業を受けて。

帰ってきて勉強はするけれど、
自分の学力をあげたいというよりは、
どちらかといえば、先生に褒められたり、怒られたくなかったり、周りに抜かれたくないという気持ちでやっていたのかもしれない。

だから、落ちたのかもしれないね。

何が起こるのかわからないのが受験。

早稲田も慶応も、
合格すると思ってもいなかったし、不合格になるとも思っていなかった。


行けたらいいなとは思っていたけれど、
行けるとも思っていなかった。

つまりどこの学校に対しても、そんなに思い入れがなかったのかもしれないね。

自分に根拠のない自信は持てていたけれど、
落ちてがっかりすることもなかったし、涙も出なかった。

きっと自分には合わないんだろうと、そんなことを思っていたのかな。

高校はそんなわけで法政一高に行って。

3年間ずっとクソ学校だと思っていたけれど、
あの環境(あのユルさ)は後々考えると自分に合っていたのかもしれない。

早稲田や慶應に入っていたら、
周りが凄すぎて落ちこぼれていたかもしれない。

逆にもっと最強な人間になっていたかもしれないけれど(笑)。


昨日そんなことを思い返していた。


受験勉強をずっと一緒に頑張ってきた生徒を不合格にしてしまったからだ。


泣きながらかけてきたあの電話。一生忘れることができないだろう。


その子は自分とは違って、
120%、志望校に入りたかったはずだ。


そのために今までひたむきに頑張ってきた。

やりたくないことも努力してきた。


その未来の芽を自分は活かしてあげることができなかったのだ。


種を植えることができなかったんだな。



そう思うと、とても苦しくなる。


受験は何が起こるかわからない。

自己採点では合格点に達していたし、
おそらく合格すると思っていた。

しかし結果が全て、
成功体験を積ませてあげたかったというのが本音だ。



しかし、
これで人生が決まるわけでもない。

自分の人生は、自分だけで決めることができるわけでもない。
努力しても、報われないことだってある。

けれど、
大事なことは「努力すれば報われる」と信じて、前に進むことだ。

うまくいかなくても、
心の火を灯し続けて、
人生を豊かにしようと思うことだ。

本人の気持ちを思えば、
何日かふさぎこんでしまうのかもしれない。


何ヶ月か、何年か「~だったら」と思うことがあるかもしれない。

しかし、自分はその子のことを信じている。

そして、将来を信じている。


だから、心に火があるならば、
それがどんなに小さくても、
それを穏やかに灯し続ける存在でありたいと思う。



人生には、どうにもならないことがある。


しかし、その「どうにもならないこと」が、
未来の幸せのきっかけになることだってある。


それが、
「何が起こるかわからない」ということだ。



もちろん昨日の今日で、こんなこと本人には言えないけどね(笑)


結果が全て。


しかし、過程を大切にする人生を送っていきたいと思っている。



まだまだ夢の途中。


今日からまた頑張ります!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »