« 2013年8月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

自分次第で


Road1149


過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。



自分の人生を何に使うか。


そんなことを真剣に考え始めたのは最近である。

最近そんなことを考え始めて、
うーん、と思っている自分自身も面白いと思うんだけど、
もっと早く考えておけばよかったなんて思いもある。


結局のところ、
今までの経験も活かせるし「教育」に落ち着いたのだけれど、
「教育」に関わっていると、
怠惰な自分自身を成長させようと思えるというメリットがあることが大きい。


まだまだ甘えのある自分がいる。

少しぐらいいいかと思ってしまうこともある。


でも目の前にいる子どもたちに、
尊敬される大人で在りたいと思えば、
そんな甘えはどこかに吹き飛ぶ。


そうやって自分を鼓舞することができるから、
教育から離れられないのだと思う。


もっと知識をつけたい。

もっとできることを増やしたい。


そうやって今まで歩んできたけれど、

もっと多くの人に会いたい。



最近そんな風に思うようになってきた。



人と会い、話していると新たなことに気づくことができる。


人にできないことを自分ができることもあるし、
自分にできないことを簡単にやってのけてしまう人もいる。

いろんな人がいて、
だから面白いのだと素直に思えるようになってきた。


たくさんの人と出会い、
自分の強みも再認識してきた。

自分の強さを知り、
弱さを知り、
もっと大きなフィールドで戦いたいという欲も出てきた。


強みに関してはちょっとやそっとでは負けないぞという自信もついてきた。


道を切り拓くのは
自信と勇気だ。


間違いない。


いつになっても、
どこにいても、
自分次第で道を拓くことができるということを、
しっかりと胸に刻んでおこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

想いを形にしておくこと

Road1148

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。



もちろん結果を出すために執着することは執着するが、
限界までやってもダメだったことは、あまり引きづらないことも大切。



気持ちを切り替えることは、
プロフェッショナルとしてはとても大切なことだと、最近痛感している。

自分のプライベートな問題で、なかなかうまくいかないことがあったときに、
それを仕事上でも出してしまうのは二流だ。

とくに、子供相手だからといって、
自分の気分によって行動を決めていてはどんどん自分が落ちぶれていくだけだ。

どんな人になりたいのか、
どんな自分でありたいのか。

最近よく考える。

自分の人生は、
自分の理想を叶えるために使っていくものなのだと思う。


うまくいかないことがあっても、
自分の理想に向けて歩を進めていく。

悩むこともあるし、
迷うこともある。

でも、だから生きているって感じられると思うんだな。

同じことをいつも考えているような気がする。


そして同じことをいつも書いているような気がする。



でもそれでいいか、そう思っているんだし。
自分の想いを、しっかりと形にしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

考えてしまうこと

Road1147


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


「考えてはいけない」と思うことがある。

他人の感情に関わることだ。

考えてもなかなか、思い通りにはならない。

他人の感情を考えた上で、
自分に何ができるかを考えることは大事だとは思う。

自分は変わることができるからだ。

しかし、他人の感情を考えて、
「正解」を求めても、
結局のところはわからない。

だから、考えてもしょうがない。

けれど、考えてしまう。

いつの間にか、考えてしまうことがある。

ダメだダメだ


そうやって思うことも多いんだけれど、
気づいたら出てくる。



そうなったらもう、受け入れるしかないだろう。


そんな自分を受け入れて、
放っておくしかないかな。


無理にダメだと思い込んでいても、
なかなか前に進まない。


無理をすると反動が来るし、
その時間を楽しむぐらいの自分でいればいいかな。


まぁ、楽しく生きるしかないよね。


それも人生だと思って。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しい時は楽しく

Road1146


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

上手くいっているときは、
気分も良くなる。

これからもずっと良いことが続くのではないかと思える。

実際にはそんなことはないのだが、
上手くいっていることがずっと続けばいいな、とは思っている。

そういう時は良いことが続く。

引き寄せの法則。

悪いことも良いことも、
バランスよく起きるのだけれど、
なぜか連続して起こることがよくある。

だからよいことが起こっているときは、
そのままどんどん行動し続ければいいし、
良くないことが起こっているときは、
気持ちをすぐに切り替える。

最近気持ちを切り替えることを忘れていた。

結構良いことが続いてきたからかもしれない。


気持ちを切り替えて、
すぐに気持ちを光の射す方へと向けてみる。

そうすると、
良くないこととはおさらばして、
きっと光が自分に当たってくるような気になる。

楽しい時は楽しく。

苦しい時も楽しく。

そうやってやっていければ、
人生はおもしろい。


面白い人生を送りたい。


毎日を大切にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が枯れてしまわないように

Road1145

過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。


自分が何かに惑わされていることに気づいても、
なかなかそれを修正することができなかったりする。

感情というものはおもしろいもので、
「だめだ」と思っていても、なかなかうまくいかないこともある。

しかし、そんな自分を受け入れてなお,
自分の行きたい方向に向かっていけばいいのかな。


自分を律するということは難しい。

しかし、だからこそそこには成長があり、
その先には自分自身の「なりたい姿」というものがあるのだろう。

一人でいれば甘えるし、
依存してしまう。

それに打ち勝ってこそ、
楽しい人生があるのだろうと信じている。

堅いね。


楽しいことないかなぁ、と思っているとき、
大抵は自分のせいで楽しくないのだ。

本当はそこかしこに楽しさの種はあるのだから、
黙ってそれに水をあげてすくすくと育ててあげよう。


自分自身が枯れてしまわないように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エネルギー

Road1144

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


人との出会いというものはものすごいものだと思う。


いつ何がどうなって、
意味づけされるかわからない。


もう6・7年前ぐらいに出会って、
これまで3,4回ぐらいしか会っていない人と久しぶりに会った。


お互い立場も環境も変わり、
それなりに年を重ねてきたけれど、
変わらないものもある。

なにかしらのエネルギーに引きつけられて、
またここで人生が重なったのだと思うのだけれど。

それにしてもすごいパワーをもらった。



そして強烈な刺激を得た。


色んなことがあることが人生。


しかし、良いことも悪いことも、
「重なる」ってことは本当にあることのような気がする。



いま、流れが来ている。


その流れを引き寄せたのは、
きっと自分だな。



楽観的にではなく、ポジティブに考えることが、
功を奏してきた。


やっぱり毎日の積み重ねで、
人生は大きく変わるのだろう。


一日一日を大切に過ごすことで、
あとで大きく変わった未来と出会うことができるに違いない。


30代になりましたが、
先が楽しそうになってきてうれしいね。


これから先の人生ももっと輝かせることができるように、
今をもっと真剣に生きよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人から学ぶこと

Road1143




過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。



人と会うといろいろな刺激を得ることができる。


変化することによって、人は進化することができる。


気付かぬうちにどんどん保守的になっていて、
自分の殻に閉じこもっていることがある。


しかし、人に会うことで、
自分のことを内省することができる。


12月、

かなり病んでしまって、
立ち上がるのに時間がかかったが、
そんなに考えたところで状況が良くなるわけでもない。

自分のことを追い詰めてみても、
そんなに楽しいことはない。


苦しいことを乗り越えて成功することは大切だけれど、
苦しみの先にある喜びなんて希少だね。


だいたいは、本当に向かいたい先に向かって、
歩んでいる途中が楽しいのだと思う。


自分の航路を飛んでいるつもりでも、
いつのまにかちょっとずつずれている。

自分では気づかないぐらい。

少しのズレ。



しかし、それが一年・二年と続いていくと、
大きな大きなズレになる。



だから自分の目的地をいつもいつも確かめたいし、
人からも指摘された方が良い。



人と会って、
うれしいこともあれば、違和感を感じることもある。


でもそれって、自分を振り返るチャンスだ。



何に嬉しく感じているのか、
何に違和感を感じているのか。



「なんとなく」という感情を疎かにしていると見逃してしまう。


自分を見つめて、
自分を知って、
その上でなりたい自分に近づこう。



そういう日々を続けていけば、
いつか夢は叶うんだろうな。


今日はそう思えたからHappy day

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分で立つ

Road1142


過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。



何かに追いかけられているような気がする。

実際には何にも追いかけられていない。

だけど、不安になる。


こんな経験は誰にでもあるかもしれない。


不安の実態がわかれば、
もう不安からは逃れられたようなものだ。


漠然とした不安感が1番煩わしい。


けれど、
どんなにメンタルコントロールしても、
その不安感が一瞬でなくなることはない。

なくなった!
と思っても次の日にはやってくることもある。


こうなると辛い。



ここまで読んだだけでも、
気持ち悪くなるもん。


自分が被害者であるという実感。

「だからしょうがない」

という言い訳。


人生の貴重な時間が、
手のひらからこぼれていく。


苦しむために生まれてきたんじゃない。


楽しい!

と思う実感を得るために生まれてきた。


でもそれって、
「らく」をしていたのでは得られない。

努力して、
圧倒的な努力をして。

それが、前提になっている気がする。


どんなことでも叶えられる。


それは、
圧倒的な努力の先にある。

悟りを開いたように、
「できない」と信じるのは努力をしたくないからだと思う。

まだまだできることあるなぁ。

まだまだ自分の力を発揮してないなぁ。

これからはこれからで、
人生は楽しいだろう。


今まで見ることのできなかった楽しみが、
きっと待っているに違いない。

それを掴み取りに行く自分でありたい。


ただ待っているだけで、
幸せになれるようにはどうやらなってないらしい。

自分で立ち、
自分で歩く。

まさに人間の進化と同じだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分が成長するチャンス

Road1141


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


生きているだけでいろいろなことに気づくことができる。

毎日は発見に満ちている。

思い通りになることはすくなく、

知っていることも少ない。

だからこそ、知りたいと想う気持ちを持ち続けたいし、

思い通りにしようと思ってもがいていたいとも思う。

うまくいかないことが続くと,
「どうせ」という言葉を使って逃げたくなってしまうけれど、
そんなことを言っていても何も始まらない。

今できることに集中する。

自分の力を最大限に発揮することで、
「今」の閉塞感を打ち破ることだってできるだろう。

大丈夫。

自分でそう思うことが大事なんだと思う。


信じるものは救われる。

神頼みをする気はないが、
悲観していてももったいないだけ。

出来ることどんどんやっていこう。

自分が成長するチャンス!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成人式

Road1140


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


今日は成人式。

振袖姿の新成人は、どんな気持ちで街を闊歩しているのだろう。


自分の成人式を思い出してみると、
特別な感情はなく、
日常の延長線上にあっただけであった気がする。

今であればもう少し感慨深く感じられるかもしれない。

20年はあっという間。

しかしその先の方がもっとあっという間に感じるな。

月並みだけれどね。


成人するまでたくさんの人に支えられている。


知らず知らずのうちに、
多くの人に助けられて、
歩んできている。

成人すると、
自分が大人になったような気がするけれど、
本当は世の中に対して、地域に対して、
感謝したほうがいい日なのかもしれないね。

もちろん20歳の自分はこんなことを考えていたわけではない。

自分のチカラで20歳になった気でいたし、
その先の自分に根拠のない自信を持っていたね。

漠然とした不安をもつタイプではなかったから。


なんでもできると思っているし、

それは、10年経った今でもあまり変わっていないけれど。



でもせっかくの節目だから、
自分が何をするかは考えたほうがいいとアドバイスしたい。


周りは何も考えていない。


考えている人のほうが少ない。



だからこそ、

これからどうするかを真剣に考えたほうがいい。



限られた時間の中で、何を成し遂げるのかを決めたほうがいい。



期限のない旅はない。



人生もきっと一緒だな。




本当は成人式の日に、
こんなことを大人に行って欲しかったけれど(笑)、

それはまぁ、人のせいにしてしまうことになるから、
心のポケットにしまっておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

知りたいと思うこと

Road1139


過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。


自分の向かうべき方向が決まれば、
あとはやるだけである。


うまくいくかどうかはわからない。

でも、その不安を背負ってなお、
乗り越えるからこそ成長するのだと思う。

何回やればできるか。
それは誰にもわからない。

だから続けるのだ。


だから葛藤するのだ。

そうやって成長していくのだろう。


向かいたいゴールはあるのに、
向かっていない人がいる。

自分のプライドを守ることに必死になってる。


どうやってゴールに向かうか。

それを聞いてその通りやればいいだけなのに。

プライドが邪魔をする。

自分のやり方に固執する。


結果がすべて。


終わり良けれはすべてを美化するのかもしれない。


でも本当にそこに成長があるのかな。

自分の殻を、
突き破ることはできたのかな。


数々の試練は、
成長するために訪れる。


苦しむためではなく、
努力しているうちに、
楽しめるようになるはずなんだ。

そしてまた、
新しい試練を求めていく。


その繰り返し。


人生は、わからないことだらけ。


生きているうちに全てを知ることはできないし、
きっとこの世のことをほとんど知らないまま、
死んでいくのだろう。


だからこそ、
もっと知りたい。

せっかくこの世に生まれて、
この時代に生きているんだから、
もっと知りたい。

自分のプライドが粉々にされることよりも、
何も知らないことの方が恐ろしい。


知的好奇心、
やっぱ大事だなぁ。


まだまだわかんないことあるし。

できないこともあるし。

だから頑張ろうって思える。

そうやって生きていく。

それでいい。

それがいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

気づいたら自分だった


Road1138


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


寒すぎ。

危なかった。

今日昼あったかかったから騙されるとこだった笑


冬だから当たり前なんだけどね。

冬はこれでいい。

冬には冬の姿を。

春には春の姿を。

それでいいと思う。

それに順応して、
生きていきたいものだよ。


昨日の本田の記者会見を、
見たんじゃなくて活字で読んだ。

いろいろ思うところがあったね。


自分の使命について。


何のために生きているのか。


30歳になり、焦りばかりが先行していた。


でも教育に身を捧げようって決めたじゃん。

だったらそれをやればいいだけだ。


周りの評価は気にしない。

それは後からついてくるものだ。

本田じゃないけどしっかり準備して、
毎日を積み重ねていくだけだ。


自分の生き方があって、
それを追い求めるから人生はおもしろい。

最近なんとなくモヤモヤしていたのは、
自分の人生を、
人に委ねようとしていたからだと思う。

そんなんつまんないじゃん。


一度しかない人生じゃん。


何のために生きてるのか、
どう生きていきたいのか。

それがあって、
共感してくれる人と一緒にいればいいじゃん。

それが相性というもの。

焦って何者かにならなくていい。

自分は自分でいい。


そもそも自分が自分であることからはじめないと。


今日は目標のために一つ誘いを断ることができた。

明日はいつもより早く起きて走ろう。

自分が自分であるためにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

落ち着きを求める

Road1137

過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。


最近日記をまた書き始めた。

年末一週間ぐらいから。

それは毎日続いている。

年末年始の休み中もずっと書けていたし、
仕事が始まってからも毎日書いている。

今年の手帳は大きいから、
ちょっと億劫になるかなぁと思いきや、
そんなことは全然なく、
むしろたくさん書くことができて余裕があるようだ。


3年ぐらい毎日書き続けられていた日記が、
ちょっと研修の日誌とかと重なってなかなか書けなくなり、
しかも書くことが義務化されてきて精神的にも意味ないなって感じになったので書けなくなっていた。

なにか決まりがあるわけでもなく、
淡々と思いを綴っているだけなのだけれど、
それでも書いていない時に比べて随分気持ちが楽だ。

書くことで落ち着くなんて、
あまり実感できなかったけれど、やっぱり落ち着いているのかな。

生活していると、
いろいろな感情が渦巻いてくる。


もちろん浮かんでは消え、
だからどんな感情も忘れてしまうことになる。

日記を書いてみると、
1日を振り返ると同時に、そんな感情についても振り返ることができる。

あんな風に感じたな、
こんな風に感じたな。


その感情の変化によって、
自分を見つめ直すことができる。


書いている時は、
こんな小難しいことは考えず、
とにかく書いていくだけだけれど。

なかなか落ち着かない日々が続いていたからこそ、
心を落ち着かせることができるようになってきて良かった。

そろそろ反攻していかないとな。

自覚のあとは、自由意志の力を使わないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後悔してもいい

Road1136


過去から未来へ。


日々は刻々と流れていく。


生徒たちが成長して、
順調に年齢を重ねていくと、
自分の過去と比べている時がある。

別に自分の能力と比べているわけではなく、
何をやっていたかなぁとか、
何を考えていたかなぁとか、その程度だ。

意外と覚えているもので、
中学生の時とか高校生の頃とか、
なんとなく微笑ましく思い出しながら、
過去の自分を楽しんでいる。

来週には成人式があるが、
もう10年も前のこととなると素直に驚きがある。


あれからそれだけの月日を重ねてきたことに対する驚き。

当時は成人することも成人式の意味も全くわからなかったけれど、
さすがに今はなんとなくわかるかな。

そして一生に一度しかないものに、
きちんと出席しておいてよかった。



あとから気づくことというのは多々ある。

一生懸命考えているつもりでも、
あとから振り返ってみると、
こうしていればよかったなと思うことだってある。

後悔だってする。

今まで後悔のないように、
なんて思っていたけれど、
今は後悔すらしても良いと思う。

大切なことは、
それを受け入れて、
また同じようなことをしないことだ。

後悔は心を強くしてくれる。

前に進まなければ
行動しなければ
後悔だってできない。


たとえ傷ついても、
苦しい日々がやってきても、
それでも前に進んで行こう。

時計の針は、
待ってくれないのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりに

Road1135

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

今日は久しぶりに朝から夜まで授業漬け。

しかしたくさんの生徒と触れ合うことで、また見えることもたくさんあった。

これまでの多くの授業をやり、
生徒と話し、目標を知って、
一緒になって走ってきた。

うまくいったこともあったし、うまくいかないことだってあった。

しかし、
それでもすべてが自分を成長させてくれたことは間違いない。

今日の授業で初めて受け持った生徒もいたが、
いろいろなことを感じることができた。

努力を重ねてきたであろう生徒もいれば、
残念ながら怠惰を重ねてきたであろう生徒もいる。


しかし、
重要なのはこれからだ。

指導者にとって重要なことは、
「今」をいかに自覚してもらえるか。
現状を受け入れなければ成長はない。

今がわかり、そこから向上しようと思うからこそ、
人は成長できるのだと思う。


毎日、毎回授業を重ねてもうすぐ8年の月日が流れ用としている。

だいぶ慣れたけれども、
それでも毎回多少は緊張している自分でありたい。

多少の誇りと、
適度な謙虚さはずっと持ち続けていたいよね。


生徒たちはなぜ塾に来てくれているのか、
勉強ができるようになればそれでいいのか。


絶対に違うと思う。


勉強もできるようになったほうがいいけれど、

せっかく自分の塾に来てくれているのであれば、
さらに人格的に成長して欲しいかな。


ならばどうやってそれをサポートしていくか。

また新しいことに挑戦することが楽しみだ。


明日で朝からの授業も終わり、
体調を充電しつつ、楽しんで前を向いていきたいものだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

道を切り拓くのは


Road1134

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


自分のことをどう思っているか。

自分のことが好きかどうか。

自分は自分。
ずーっと自分。


その現実からは、
死ぬまで逃れられない。


人を見る時の見方は、
二つあると思う。


指導者としても、
どんな指導をするかは二つに分かれる。


一つは加点法、
そしてもう一つは減点法である。

いいところを見つけて、
褒めて育てる加点法。

足りないところを見つけて、
改善を促す減点法。

どちらが良い悪いというわけでなく、
相手によって使い分ける。

自信がない相手には、
できるだけ加点法で接した方がいいし、
過信している相手には、
足りないところをしっかりと提示したほうがいい。


褒めて育てるとか、
叱って育てるとか、
そんな分け方はナンセンス。

両方必要だし、
きちんとした軸があればいい。

親が2人いるのは、
そのバランスを取るためなのかな。

わかんないけどね。


自分に対しても、
加点法と減点法があると思う。

いいところを見て自信にする人もいれば、
あまりにも慎重になってなかなか自信がつけられない人もいる。

あれができない、
これができないって言ってれば、
どんどん自信がなくなる。

そうすると何もしようとしなくなる。

結果的にもっと自信がなくなっていく。


今はまだ、
できなくてもいい。


できなくても失敗しても、
やってみればいい。


やってみることが、
必ず前に進めてくれる。

自分を前に進めてくれる。

結果じゃないんだ。

結果が伴わなくてもいいんだ。


できないことよりも、
何もしなくなってしまうことを恐れた方がいい。

今までやってきたことに、
自信を持とう。

よく頑張ったって褒めてあげよう。

隣の芝は、
青く見える。

それでも、
今まで走って来た道だって悪くない。

これから走って行く道だって、
自分次第でいくらでも彩りを添えられるはずだ。


どんなに自分がダメだと思っても、
誰にも負けない良いところが必ずあるはずだ。

自分のことを、信じてあげよう。

それが、自信。

道を切り開くのは、
勇気と自信なんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今はまだ輝いていなくても


Road1133

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

今日はまず中野の教室へ。

去年受験で頑張った子が、
また冬期講習を頑張りたいということでお話。

ただ単に点数低い教科の点数をあげたいってことみたいだけど、それだけじゃつまらん。

もっと未来を見ないとな。

そもそもなぜ点数を上げたいのか。
大学に行きたいならなぜ行きたいのか。
どんな職業につきたいのか。

みんながやってるからというような安易な考え方はしてほしくない。

みんなが考えてないからこそ、
考えて欲しいね。

今を楽しみながら、
未来を創っていくことは必ずできる。

午後は田無の近くの教室へ。

こちらも年始初授業。

みんながんばってくれました。

気持ちが変わると、
それだけ行動も受け取り方も変わってくる。

心の余裕って大事だな。


がむしゃらにやっていても、
きっと楽しくなければ、
どんどん疲弊していくだけだね。

これからの道のりは、
きっと大丈夫だろう。

リーダーに必要なのは人格だって本に書いてあった。

能力じゃなくて人格なんだよ。

この人についていこう、って思えるのは、
きっと能力じゃない。

人格なんだ。

人知れず努力できること。

信念を貫けること。

決めたことを継続できること。

簡単なことのようで、
簡単じゃない。

でもだからこそ、
挑戦する価値があるよね。

これからもさらに、
自分を磨いていこう。

今はまだ輝いていなくても、
丁寧に磨けば必ず光り輝く時が来る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広がっていく


Road1132

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


今日から仕事を始めた。

明日からだと間に合わないからね。

集まってくれる人たち。

理由なんかなくたっていい。
目の前のことに一生懸命になれることが、
素晴らしいことだと思う。

今日は家で洗濯をしたり、
ご飯を炊いて冷凍したり、
これからの生活に対しての備えをすることができた。

備えって大事。

備えていれば、
どんなことにも対応することができる。

最近はなんでこの仕事やってんのかな、
って思うことが多かった。

精神的に追い込まれていたんだと思う。

でも、
卒業生と絡んだり、
先生たちと話したりするうちに、
この仕事の醍醐味がわかってきた。
というより思い出した。


一生懸命やっていた過去の自分が、
今の自分に繋げてくれたこと。


それをまた、
未来の自分に生かしていかないととおもえた。


いつも自教室だけでやっていた、
食事会。

今日はついに
他の2教室の先生も来てくれた。


ちょっとずつでも、
つながりが広がっているのかな。


人と関わっていくことは楽しい。

それが、
自分の人生を彩ってくれていると思う。

明日からの旅も、
また、多くの人と関わって、
強く歩んで行こうと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かけがえのない時間

Road1131


過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。


元旦は実家に顔を出し、
旧友と再会。


一年の計は元旦にあり。

今年の新たな動きにワクワクするような話があった。


今日は卒業した先生と再会。
企業戦士として頑張っている彼を見て、
自分自身をまた奮い立たせる。

その中で、
卒業生が新聞に取り上げられている姿に出くわし、
また勇気付けられた。

その後、
塾を卒業した今は先生をしてくれている教え子が、
新しくバイトをはじめたカフェで仕事。
一生懸命頑張っていて、また燃える。


最後に夜は中学の時の友達と1年半ぶりに再会。
近況報告。またまた気持ちが強くなる。




一日一日の積み重ね。

夢は、
自らの手の中にあるんだな。


被害者意識に埋もれると、
盲目的になる。

本当は、できることでありふれているのに。


手の中にあるものを、
ただ、つかめばいいのに。



いつも、
自分を変えてくれるのは、人だ。


周りの人に支えられて、
自分自身が今ここにいる。


誰かと比べるのではなく、
自分自身を信じないでどうする。


かけがえのない時間を共にしてきた仲間たち。


これまでに得た最高の財産だ。


またいつか、
こんな気持ちになれるように、
また明日からの毎日を大切に過ごしたいと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成長させてくれるもの

Road1130

過去から未来へ。

日々は刻々と流れていく。

2014年が始まった。

子供の頃は2014年というものがくるなんて、
想像もしていなかった。

うーん。

想像力の欠如と言ってしまえばそれまでだけど、
将来のことなんて、何も考えていなかったね。


今あの時の将来がまさに来ていると言われれば、
もちろん後悔もあるし、
いや、いくら思い描いていなかったとはいえ、
できることをやってきたという自負もある。

自分が成長したなと思える感覚だって、
やっぱりあるわけで。


でも自分の成長を紐解いてみた時に感じることは、
「時間が成長させてくれるわけではない」
ということだ。

毎日を過ごしていると、
時間が経てば経つほど、
なんだか成長しているような錯覚に陥るものだけれど、
成長は経験によってしかなされないのではないかと感じる。

ただ単に同じことをやっていたって、
なかなか上達しない。

できなかったことをやってみて、
自分にできることが増えていってはじめて、
成長実感を得られるんじゃないかな。


そう考えてみると、
やる前から諦めてしまうクセがある人は、
なかなか成長を感じづらい。

きっと周りにもいるだろう。

自分のことを自分で制限してしまい、
「自分にはムリだ」
と決めつけてしまっている人が。

どんなことだって、
経験によって成長できる。

今できるようになっていることのほとんどは、
始めからできたわけではないはずだ。


そう考えてみると、
いかに自分を信じてやってみようと思えるか。

失敗も含めてどれだけ多くの挑戦をしたか。

それが成長できたかどうかを決めてくれるんじゃないかと思えるね。

三十路を迎え、
人生について考えることも増えたけれど、
まだまだ、
チャレンジをしていかなければならないようだ。

今年も、
自らを成長させられる、実り多い一年にしたいと思う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2014年2月 »